スポンサードリンク

郵便局の学資保険 〜おさらい〜

最後に郵便局学資保険を含めた学資保険のおさらいです。

将来、子供が大学などに進学する時には、とてもお金がかかります。その際に給付が受けられることでとても人気があるのが「学資保険」です。これは「保険」というだけあって万が一の時に保障をしてくれるのが最大の特徴で、「学資保険」は生命保険の一種でもあるのです。


親が万一の時に保険料が免除されるだけでなく、子供に万が一のことが起こった場合でも死亡保険金を受け取ることができるのも「学資保険」の特徴です。保険を途中で解約した時に返戻金がある、そして貸付を利用できるなどのメリットもあります。また利回りの低さと元本割れの可能性がある、満期金が決まっているので教育費の増加で打撃を受けるなどのデメリットも見られます。

学資保険」は支払う保険料や受け取れる保障額や内容をよく理解したうえで、将来の教育資金を用意するための選択肢のひとつとして、家庭に合ったものを選びましょう。金融商品・兼・保険商品として優れた便利な商品ですが、我が家の価値観や人生設計にあっているかどうかを見極めることが大切です。

いろいろな面を見ても掛け金などが安く押さえられる郵便局学資保険はおすすめの学資保険といえます。

郵便局の学資保険 基本契約種類

郵便局学資保険の基本契約種類は以下の4つです。


■18歳払込済  22歳満期 郵便局学資保険  

■18歳払込済  18歳満期 郵便局学資保険  

■全期間払込  18歳満期 郵便局学資保険

■全期間払込  15歳満期 郵便局学資保険

郵便局の学資保険の 〜はじまり〜

郵便局学資保険のはじまりについて少し解説いたします。

郵便局の保険である簡易保険(かんいほけん)とは、日本の郵便局で取り扱っている、日本郵政公社が運営する生命保険のことです。正式には簡易生命保険事業といいます。


この郵便局の保険、は加入に際して医師の診断や職業上の制約が無い(民間保険への加入が難しいスタントマンなど危険度の高いとされる職業の人でも加入が可能)ことや、身近に存在する郵便局で申し込みが可能なため、この名がついています。

ただし、郵便局の保険は制約が少ない分、契約可能な掛け金は一般保険に比べて低く抑えられている。

また、簡易保険(簡易生命保険法)は保険業法で取り扱っている通常の生命保険と違い、色々な特典(公的サービス)があります。
時効期間の違い(3年と5年)等細かい違いもあるが、中でも特徴的なのが「倍額保障」と「非常取り扱い」である。

郵便局学資保険もこの中に入ります。

郵便局の学資保険とは

郵便局学資保険は加入できる期間中にいつスタートしても
15歳満期、18歳満期、22歳満期に合わせて
学資金等の準備ができます。

出生、新入園、新入学からの将来の学資金づくりに最適なのが
郵便局学資保険なのです。

郵便局学資保険契約者が加入後亡くなられた場合などには、その後の保険料は払込みはいりません。

生存保険金付18歳満期郵便局学資保険では、
中学校進学時(12歳)及び高校進学時(15歳)に基準学資保険金額の10%の生存保険金が支払われる制度です。

郵便局の学資保険の前に

郵便局の学資保険を学ぶ前に学資保険について少し話します。

子供が産まれたら検討するものに「こども保険」のひとつでもある「学資保険」があります。将来大学などに進学する時にはとてもお金がかかりますので、その際に給付がうけられるこの「学資保険」はとても人気があります。そして「保険」というだけあって、万が一の時に保障をしてくれるのが特徴です。


しかし、「学資保険」は利回りの低さと元本割れの可能性があり、満期金が決まっているので教育費の増加で打撃を受けるなどの悪い点も見られるのが実状です。親が万一の時に保険料が免除されるだけでなく、子供に万が一のことが起こった場合でも死亡保険金を受け取ることができる、解約返戻金があるなどの良い点と両方をよく踏まえて選びたいですね。

学資保険」は金融商品・兼・保険商品として優れた便利な商品です。しかし必ずしも入らないといけないものではありません。支払う保険料や受け取る保障額、保障内容をよく理解したうえで、我が家の価値観や人生設計なども含めてあったものを選びましょう。
タグ:学資保険

欲しい商品を探すならこちらからどうぞ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。